医者

プラスチック成形とは~職人の鍛錬な技をピックアップ~

幅広く使える

カウンセリング

酸化チタンであるTRONOX は、塗料やインキ、プラスチックとなって製品化されています。製品によって用途が違ってくるので、注文する際は事前にサンプルを頼んでみると良いでしょう。

成形について知ろう

医者と看護師

4つの種類を紹介

ポンプボトルやトリガースプレー、マルチボトルなどのプラスチック製品を作る際に使われるのが成形方法です。成形方法によって作れるプラスチック製品が違ってくるので、あらゆる成形方法が求められているのです。成形方法にはブロー・射出・押出・真空の4つがあります。ブローは空洞のプラスチック製品を作る際の成形方法で、ボトルや容器などに適しています。射出は4つの中でもポピュラーな成形方法と言われており、空洞を作らないのでブローとは真逆の成形方法となっています。しかし空洞を作らない分、複雑な形でも簡単に作り上げることが出来るのです。そして押出はシートやパイプ、フィルムを作る成形方法です。決められた形にカットしていくので、屋根やまな板、ホースを作る際に最適です。最後の真空はバキューム成形とも呼ばれており、空気を吸い込み抜けた状態にするので使い捨ての弁当容器や冷凍食品のトレーなどを作る際に用いられます。成形方法によっては大量生産も可能なので、発注する際は事前に確認してみると良いでしょう。

納品までがスムーズです

プラスチックの成形を依頼する際は、加工や塗装、納品まで全て行なってくれる会社を利用しましょう。全ての工程を一括で行なっていることで、製品の特徴も全て把握してくれているのです。さらに発注から納品までがスムーズなので、安心して製品が届くのを待つことが出来ます。自動車関連やOA機器、美容関連など幅広いメーカーに対応してくれるので、どんな製品も気軽にお願いすることが出来るのも魅力的です。

豊富な種類から選べる

先生

鉄板や丸パイプ、フラットバーなどの鋼材を購入する際は、気軽に利用出来る通販を利用すると便利です。自由にカットしてくれ、価格もお手頃なので必要な種類や数を簡単に取り寄せることが出来るのです。

アクリライトの秘密

病棟

アクリライトは耐候性や加工性、透明性に優れていることで、ディスプレイやアミューズメント機器、公共施設など幅広いシーンで活躍しています。また耐衝撃性にも優れているので、どこでも安心して使えるのです。